浸みわたる水素水のレビュー

浸みわたる水素水【商品写真】
 『浸みわたる水素水』 公式サイトはこちら

結論から書いてしまいますが、アルミパウチ容器の水素水のなかでは最もおすすめできる水素水です。

浸みわたる水素水が優れている点

  • 充填時の水素濃度2.2~2.6ppm、実測値でも1.0ppm以上の高い水素濃度を計測
  • いつでも休止・解約可能な定期コースの料金が最安値クラス
  • 骨やコラーゲンの生成を助ける美容成分「シリカ」が62mg/Lと高配合
  • 日本名水に指定されている熊本県菊池渓谷の天然水を使用

Point1水素濃度が十分高い

充填時の水素濃度はトラストウォーターの3.0ppmに次ぐ2.2~2.6ppmと高濃度充填です。製造から4ヶ月後まで1.0ppm以上をキープしている実績があります。 後述しますが、実測ベースでも十分高い溶存水素濃度を計測しており、水素水として十分な品質です。

Point2価格が安い

定期コースで500mL×30本が初回6,300円、2回目以降も8,820円というのはキヨラビの10,800円と比べても10%以上安いです。 初回お試し用の12本で1,980円というトライアル商品もあり、試しやすく継続コストも安いのは嬉しいところ。定期コースは縛りなど一切ないので、1回も継続しなくても解約可能だったりします。

Point3コラーゲン生成を助ける必須ミネラル「シリカ」が豊富に含まれている

シリカ(=ケイ酸)は体内で作られないため食事から摂る必要のある必須ミネラルです。体内で骨や皮膚、コラーゲンなどを生成するときにアミノ酸と共にミネラル分が必要になり、シリカはコラーゲン生成を助け、お肌のハリを保つのに必要になってきます。浸みわたる水素水には62mg/Lのシリカを含み、1日に摂った方がよいシリカの量を充足します。美容を気にする女性にとっては是非摂っておきたい成分です。

Point4日本名水に指定されている熊本県菊池渓谷の天然水を使用

水源は日本名水百選に選ばれている熊本県菊池渓谷の天然水(阿蘇の伏流水)。菊池渓谷の伏流水は、年間を通して水温14℃と冷たいため非常にきれいで口当たりのよいお水として定評があり、「まれにみる美味しい天然の健康名水」という鑑定書まで得ているのだとか。

浸みわたる水素水の溶存水素濃度を計測した結果

浸みわたる水素水の溶存水素濃度(ENH-1000)

購入直後に水素計ENH-1000にて計測。

1.03ppmと合格ライン0.8ppmを超えており合格。1.0ppmを超えていれば十分高濃度の水素水として安心して飲むことができます。

お水自体もまろやかな口当たりでおいしいので、これはアルミパウチ容器の水素水としては結構おすすめです。

容量が500mLのものしか選べないので、1人で飲むというよりは夫婦で飲むといった家族での利用が向いている商品でしょう。一人で飲むなら300mLの小さめの容量も選べるキヨラビの方が合っていると思います。

※現在は500mLと300mLの2つから選べるようになっており、1人で500mLは多すぎるという方は300mLの商品を選ぶことができるようになりました。

浸みわたる水素水の当サイト評価

水素濃度 メーカー公表値 2.2~2.6ppm(充填時) ★★★★★(90点)
実測値 約1.0ppm ★★★★☆(85点)
商品価格 初回お試し 1,980円(税込) 500mL×12本 ★★★★★(95点)
通常 12,600円(税込) 500mL×30本 ★★★☆☆(70点)
定期便 初回6,300円(税込)、2回目以降8,820円(税込) 500mL×30本 ★★★★☆(80点)
100mLあたりの価格 33円(初回お試し)
58.8円(定期コース)
★★★★☆(80点)
水源地 日本名水百選にも選ばれた熊本県菊池渓谷の天然水(阿蘇の伏流水) ★★★★☆(85点)
 浸みわたる水素水の公式サイトはこちら
Page top icon