アキュエラ(aquela)水素水7.0ppm (旧:5.0ppm)

アキュエラ(aquela)水素水7.0ppm※口コミ
 アキュエラ水素水7.0ppmの購入はこちらから

aquela(アキュエラ)水素水7.0ppmはペットボトルに水と水素発生剤を入れて水素ガスを発生させ、飲むときにシェイクして溶存水素濃度7.0ppmという高濃度の水素水が作れるという自分で作るタイプの水素水です。

水素水7.0ppmは現在日本で買える水素水としては最高クラスの溶存水素濃度です。

水素水を選ぶ上で一番大事なのは「水素が一定濃度以上できちんと入っているかどうか」ですから、アキュエラ水素水7.0ppmは溶存水素濃度は当サイトで紹介しているどの水素水よりも高濃度で水素が入っているので当サイトとしてもオススメできる水素水の筆頭です。

特許技術により最大7.0ppmの溶存水素濃度を可能に

水素は1気圧・水温20℃においては1.6ppmまでしか水に溶存させることができません。アキュエラではこれを特許技術によりボトル内を高圧(約5気圧)にすることで7.0ppmもの水素を溶存させられるようにしたのがアキュエラ水素水7.0ppmの凄いところです。

でもさ~、作ったときに7.0ppmあっても、蓋を開けたら1気圧になるんだから1.6ppmまですぐに下がるんじゃないの?

私もそう思ってアキュエラ水素水7.0ppmで作った水素水を蓋を開けて10分後にメチレンブルー試薬を使って溶存水素濃度を調べてみました。

結果はメチレンブルー34滴まで還元されて35滴目で還元できなくなったので、約3.4ppmまでは測定できました。というわけで、蓋を開けて1気圧の状態になったら即座に1.6ppmまで水素濃度が下がるというわけではなさそうです。

アキュエラを何度か作る度に溶存水素濃度を測っていますが7.0ppm(メチレンブルー70滴還元)までは今のところ実測できていません。ですがアキュエラ以外で2.0ppm以上まで測定できた水素水も今のところ無いので3.4ppmだったとしても他の水素水と比べたら圧倒的に高濃度であることは間違いなく非常に魅力的です。

アキュエラがスティックタイプの水素水よりも優れている点

アキュエラがスティックタイプの水素水よりもよいのは、水素発生剤が飲み水に直接触れない構造になっていることです。

水素発生剤を筒状の容器に閉じ込めて水素ガスだけをバルブでペットボトル内に充満させるので、水素発生剤が飲料に直接触れることが一切なく衛生的、かつ水酸化マグネシウムなどの余計な金属ミネラルを増やさずに済むので安全です。

スティックタイプの水素水はマグネシウムと水が結合したときに水素を生み出されることを利用しているため、水酸化マグネシウムなどの金属を摂取し過ぎる心配がありますが、アキュエラ水素水7.0ppmであればその心配はありません。

また、水だけでなくスポーツドリンクやペットボトルで売っているお茶などにも水素を添加することができて自由度が高いのもアキュエラのメリットです。

アキュエラ水素水7.0ppmの当サイト評価

水素濃度 メーカー公表値 7.0ppm ★★★★★(100点)
実測値 約3.4ppm ★★★★★(95点)
商品価格 初回お試し 6,800円(税込) 水素発生剤30包 ★★★★☆(85点)
水素発生剤 30包(通常) 7,800円(税込) ★★★★☆(80点)
水素発生剤 定期便 6,900円(税込) 30包 ★★★★☆(80点)
100mLあたりの価格 45円 ★★★★☆(85点)
水源地 (自分で用意した水に水素だけ添加する方式) ☆☆☆☆☆(評価対象外)
 アキュエラ水素水7.0ppm
公式オンラインストアはこちら
Page top icon