ドクター水素水NEU PREMIUM(ノイ・プレミアム)ミネラルT 白金ナノコロイド

ドクター水素水ノイプレミアム(商品写真)
 ドクター水素水 ネオプレミアム白金ナノコロイドの購入はこちらから

ドクター水素水は定期的に改良されてバージョンアップしますが今回ご紹介するのは9代目になる「ドクター水素水 ノイプレミアム ミネラルT 白金ナノコロイド水素水」です。

えっと、、、商品名長すぎ(›´ω`‹ )

こちらで紹介した7代目のドクター水素水と比べた変更点は以下の通りです。

マグスティック365からの改良ポイント

  • 水素だけでなく必須ミネラル21種類を溶存
  • クエン酸によるメンテナンスが不要になった(使用期限3ヶ月)
  • 水素と白金ナノコロイドが合わさることで抗酸化力がアップ

面倒だったメンテナンスが必要なくなったのは嬉しい変更点です。

今までのドクター水素水は少なくとも2週間に1回くらいのペースでクエン酸や酢酸によるメンテナンス(マグネシウムに付いた錆を取り除く作業)が必要で、メンテナンスをしないとどんどん水素発生能力が低下していきました。

1週間経過すると水素濃度が40~60%くらいまで低下するので、面倒でも頻繁にメンテナンスしないと低濃度で飲む意味のない水素水しかできなくなってしまうのがスティックタイプの水素水の欠点のひとつです。

新しいドクター水素水ノイプレミアム白金ナノコロイドはメンテナンス不要で3ヶ月間水素を発生し続けてくれるとのこと。
これは期待感が高まります(・∀・)

また、白金ナノコロイドが水素と合わさると抗酸化力がアップするというのが本当であれば効果の点でも期待ができます(こちらは確かめようがないですが・・・)。

それでは新しいドクター水素水で作った水素水の水素含有量の計測結果や如何に!?

『ドクター水素水ノイプレミアム ミネラルT 白金ナノコロイド』の溶存水素濃度を測定してみた

購入直後の水素濃度

ドクター水素水ノイプレミアム購入直後の水素濃度は1.51ppm

スティックタイプの水素水は購入直後が一番高濃度の水素水が作れ、序々に水素発生能力が下がっていきます。

ドクター水素水ノイプレミアム白金ナノコロイドの購入直後の状態で500mLペットボトルに浄水とスティックを入れ、24時間経過した後にポータブル水素計ENH-1000で測定した結果、1.5ppmという非常に高い濃度が計測できました。

念のためメチレンブルー試薬でも計測しましたが、14滴まで還元され1.4ppmという結果でやはり高濃度の水素水が最初は作れているようです。

1週間後に再度計測した結果

ドクター水素水ノイプレミアム購入から1週間後の水素濃度は0.84ppm

購入して使用開始してから1週間後に再び同じ条件(整水時間24時間)で水素濃度を計測してみました。

測定結果は0.84ppm

おやー?
メンテナンス不要ってことだったので、しばらく水素発生能力は落ちないのかと思っていたのですが、1週間で早くも雲行きが怪しくなってきたぞ・・・。

2週間後に再度計測した結果

ドクター水素水ノイプレミアム購入から2週間後の水素濃度は0.61ppm

前回の計測からさらに1週間経過後、すなわち購入から2週間後の水素濃度は0.61ppmでした。

どんどん下がっていきます。

これならメンテナンスさせてもらえた方がよい気がするぞ・・・。

うーむ、商品仕様として0.1ppm~という表記なのでこんなものなのかもしれませんね・・・。

ドクター水素水 ノイプレミアムのメリットとデメリット

メリット

  • メンテナンス不要なのは楽
  • 3本入りで実売価格9,720円なので1ヶ月あたり3,240円と経済的
  • プラチナナノコロイドの効果に期待できる・・・かも?!

スティックタイプの良いところは経済的なところです。

あとは、多くのスティックタイプの水素水はマグネシウムが水に含まれる酸素により酸化するため、定期的にクエン酸などを使ってサビを取り除く必要がありますが、ドクター水素水 ノイプレミアムだとメンテナンス不要なのは楽チンです。

プラチナナノコロイドの効果については検証できないので何とも言えないですが、メーカー発表のデータでは抗酸化のチカラが水素単体よりも強くなるというデータが得られているようで事実であればプラス要素です。

デメリット

  • 結局すぐに水素発生能力が大幅に落ちてしまう
  • スティックタイプは長く使用した場合、衛生面で不安
  • メンテナンス不要タイプなので、クエン酸洗浄で水素発生能力を元に戻せない

メンテナンス不要とのことだったので、最初の水素発生能力が3ヶ月間ずっと続くのかと期待したのですが、溶存水素濃度を計測したところ、すぐに水素発生能力は激減してしまうという結果に。

これだったらメンテナンスが必要な旧タイプを頻繁にメンテナンスして使った方が高濃度の水素水が作れてよいのでは? と正直思いました。

スティックタイプですと、ついついペットボトルも長い期間使い続けてしまいますし、使用していく中で雑菌が入ったりする可能性など衛生面は不安があります。

また、ミネラル分が水に溶けるので、このミネラルが過多にならないかといった不安もあります。

ただ、この商品に関していうとやはり水素濃度がすぐに低くなる点が致命的に思えます。

※個人の意見・感想です。他の方に当てはまるかどうかは保証できませんのでご了承ください。

ドクター水素水 ノイプレミアム ミネラルT 白金ナノコロイドの当サイト評価

水素濃度 メーカー公表値 0.1ppm~ ★☆☆☆☆(25点)
実測値 購入直後1.5ppm
1週間経過後⇒0.8ppm
2週間経過後⇒0.6ppm
(※浸水時間:24時間)
★★★★☆(70点)
使用可能期間 3ヶ月 ★★★★☆(80点)
メンテナンス 不要 ★★★★★(90点)
商品価格 3本入り 9,720円(税込) ★★★★☆(85点)
100mLあたりの価格 - 評価対象外
水源地 (自分で用意した水を使う方式) 評価対象外
 ドクター水素水 ネオプレミアム白金ナノコロイドの購入はこちらから
Page top icon