ナノ水素水「キヨラビ」は水素濃度が安定して高い

キヨラビ(商品写真)
 実測値で常に高濃度を計測!
ナノ水素水キヨラビ公式サイトはこちら

キヨラビの一番の売りは「実測値ベースでの溶存水素濃度の高さ」です。

週刊文春(平成25年2月28日号)に掲載された記事「水素水論争に最終結論!誌上実験でわかった本物と偽物」のなかで、太田成男教授が測定した溶存水素濃度がアルミパウチ容器に入った水素水のなかではキヨラビが一番高い結果となりました。

というわけで、当サイトとしてもキヨラビのお試しコースを取り寄せてポータブル水素系ENH-1000とメチレンブルー試薬により溶存水素濃度を計測してみました。

キヨラビの溶存水素濃度【測定結果】

キヨラビの溶存水素濃度計測結果(ENH-1000)

水素系ENH-1000による測定結果は1.04ppmとなりました。

週刊文春に掲載されていた溶存水素濃度とおおよそ同じくらいの値となったので、やはりキヨラビの水素濃度は高濃度であると言って良さそうです。

アルミパウチ容器に入った水素水はだいたい0.8ppm以上が選ぶ目安となります。

「水素水にどのくらいの水素が含まれていればいいかというと、0.8ppm(0.8ミリグラム/リットル)以上というのがひとつの目安になると思います」

引用元:※水素医学の第一人者である日本医科大学の太田成男教授の著書「水素水とサビない身体(小学館 2015年5月5日 第5版)」

ナノ水素水キヨラビの当サイト評価

水素濃度 メーカー公表値 0.8~1.2ppm(出荷時) ★★★★☆(80点)
実測値 約1.0ppm ★★★★☆(85点)
商品価格 初回お試し 1,620円(税込) 500mL×6本 ★★★★★(90点)
通常 12,960円(税込) 500mL×30本 ★★★☆☆(70点)
定期便 10,800円(税込) 500mL×30本 ★★★☆☆(70点)
100mLあたりの価格 72円 ★★★☆☆(70点)
水源地 名水百選にも選ばれた菊池市の天然水 ★★★★☆(85点)
 実測値で常に高濃度を計測!
ナノ水素水キヨラビ公式サイトはこちら
Page top icon