マグスティック365徹底レビュー

マグスティック365(商品写真)
 マグスティック365 購入はこちらから

マグスティック365は「元気の水」が販売しているスティックタイプの水素水商品です。

ペットボトルにお水とマグスティック365を入れて一晩から24時間程度放置しておくと、水素水が出来上がるというもの。

他のスティックタイプの水素水との違いとしては、使用期限が約365日(1年)と長いことです。また、価格もAmazonで6本 5,800円と非常に安いです。

安いのは良いのですが、2週間に1回くらいのペースでクエン酸によるメンテナンスが必要だったり、水素発生能力がメーカー発表値で0.1~0.5ppmと低い(当サイトでは最低0.8ppm必要と考えています)といったデメリットもあります。

あと気になった点としては、他のスティックタイプの水素水よりも水に溶け出すマグネシウムの量が多いのか、2週間くらいでペットボトルの内側に白いミネラル分が付着してだんだん汚くなっていくため、2週間くらいでペットボトルも交換しないと何か不衛生な感じがして気になりました。

マグスティック365の溶存水素濃度を測定した結果

マグスティック365の溶存水素濃度(メンテナンス直後)

マグスティック365をクエン酸でメンテナンスした直後に、3スティックを24時間くらい水道水(浄水)に浸けて作った水素水の溶存水素濃度は0.86ppmでした。

スティックタイプの水素水生成剤はメンテナンス直後に関しては0.8~1.2ppmくらいの水素水を生成可能なものが多いですね。ちなみに24時間後だと0.8ppm程度でも、48時間くらい経過すると1.2ppmくらいまでは上がります。

メンテナンスから1週間経過後の水素濃度

マグスティック365の溶存水素濃度(メンテナンス1週間後)

スティックタイプでクエン酸メンテナンス(洗浄)が必要なタイプのものは、1週間くらい経過すると水素発生源であるマグネシウムが水に含まれる酸素で酸化してしまうため水素発生能力が落ちます。

マグスティック365をメンテナンスから1週間経過した時点で、水に24時間浸けておいた状態で水素濃度を計測すると0.52ppmという結果になりました。

1週間程度でも水素発生能力は明確に下がります。3~4日おきに洗浄すればそれなりに高濃度な水素水を常に飲むことも可能なので、面倒でも安い方がよいという方であれば有りかもしれませんね。

メンテナンスする毎に水素発生源であるマグネシウムの量が減っていくので、頻繁にメンテナンスすると3ヶ月くらいしか持たないですが、が、元々の値段が安いのはやはりメリットです。

現在は「マグスティックネオ」という新商品が出ていますが、そちらはマグスティック365ほどは安くありません(2倍近くします)。恐らくマグスティック365が破格の安値で売られているのは在庫処分的な意味合いがあるのでしょうね。

ペットボトルに付くミネラル汚れが気になる

ミネラル汚れが付くのが気になる

上記は2週間くらい使った状態ですが、ペットボトルの上部に白いミネラル汚れが付いているのが分かるかと思います。

マグスティック365の水素発生源はマグネシウムですが、このマグネシウムが水に溶け出してペットボトルにミネラル汚れとして付いてしまうのです。

他にもスティックタイプの水素水は色々試してみましたが、マグスティック365が一番このミネラル汚れが明確に付きます。

しかも1ヶ月とか使っての結果であればまだ分かるのですが、割とすぐ(2週間程度)に汚れるので正直気になりました。

マグスティック365を使うなら、1~2週間でペットボトルも新しいのに変えた方が良いかと思われます。

マグスティック365の当サイト評価

水素濃度 メーカー公表値 0.1~0.5ppm ★★☆☆☆(40点)
実測値 購入直後またはメンテナンス直後⇒0.8ppm
1週間経過後⇒0.5ppm
★★★☆☆(60点)
使用可能期間 約12ヶ月 ★★★★★(90点)
メンテナンス 月に2回前後、酢酸によるメンテナンス(洗浄)が必要 ★★☆☆☆(30点)
商品価格 Amazonでの価格 6本入り 5,800円(税込) ★★★★★(95点)
100mLあたりの価格 - 評価対象外
水源地 (自分で用意した水を使う方式) 評価対象外

管理人の辛口コメント

バージョンアップされたマグスティックネオが発売されたため、旧商品のこのマグスティック365は現在破格の値段となっているため、安さを最重要視するなら有りっちゃ有りな商品です。

ただ、ペットボトルに付くミネラル汚れは正直気になりました。2週間に1回は本体をクエン酸洗浄し、そのタイミングでペットボトルも新しいのに変えた方がよいでしょう。

安いだけが取り柄とも言えるので、私のように面倒なことが嫌いな方にはおすすめしません。

マメに洗浄するのが苦ではないという方向けですね。

 マグスティック365 購入はこちらから
Page top icon